環境変化とダイナミックケイパビリティ

菊澤 研宗「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学

現代 の よう な 人口 減少 時代 に 必要 な 企業 経営 とは、 環境 の 変化 を 感知 し、 機会 を 捕捉 し、 既存 の 知識 や 資産 や 資源 を 再 構成、 再利用、 そして 再 配置 し て、 付加価値 を 最大 化 する 経営 なので ある。 そして、 これ を 実現 する には、 ダイナミック・ケイパビリティ を 発揮 し て 既存 の 資産 や 資源 や 知識 を 再利用 し、 指揮者 の よう に オーケストレーション し て( こちら を 参照)、 正しい こと を 行う 経営 が 必要 なので ある。 •

かつて、 英国 では ペスト が 流行 し、 それ によって 人口 が 半減 し た と いう。 英国 オックスフォード大学 出身 で ゴールド マン・サックス 金融 調査 室長 だっ た デービッド・アトキンソン に よる と、 この とき、 英国 の 産業 に 大きな 変化 が 発生 し た と いう。 労働者 が 激減 し た ため、 英国 では 人手 が 必要 な 穀物 の 栽培 から、 人手 の いら ない 畜産 や 葡萄、 野菜、 果物、 麻 など といった 付加価値 の 高い 作物 の 栽培 へと 移行 し、 環境 変化 に 適応 し た と いう。  

同じ よう に、 日本 企業 も 既存 の 資源、 資産、 技術 を 再 配置、 再 構成、 再利用 し て 付加価値 を 高める ダイナミック・ケイパビリティ を 発揮 する。そうすれば、まじめな日本企業もパラダイムの不条理に陥ることはなく、日本経済も破たんしないだろう。