疫病と大航海時代

新型コロナはグローバル化の修正を迫っても、その動きを止めることはできないでしょう。

「長期の発展を経験した後のヨーロッパ経済は、14世紀後半から15世紀に かけて収縮の時代を迎えた。ペストの蔓延である。


1450年~1650年にかけての時代は、ヨーロッパにとっての変革期に相当 する。経済面で大きな発展を見せたこの200年は、ブローデルにしたがって、「ヨーロッパが栄光に輝く時代」であったと述べることがことができる。 経済の中でもとりわけ大きな変化を見せた部門が商業・流通部門であっ た。


東インド(アジア)や新大陸(アメリカ)といったこれまでにない遠方との貿 易が頻繁に行われるようになったこの時代、商業は質・量ともに大きな変 化を見せたのである。それゆえ「商業革命」という言葉でその変化の大きさを表現することもある。

大航海時代を迎えたヨーロッパは、自らを中 心とするグローバルな経済を誕生させ、「世界市場」を形成していく。」(『世界流通史』)