取引コスト理論

取引コスト理論はコース(Ronald H. Coase)により生み出され、ウィリアムソン(O. E. Williamson) によって精緻化された。

「人間の合理性は限定されており、人間はすきがあればたとえ悪徳的であっても自己利益を追求する機会主義的な存在となる。このような限定合理的な人間世界では、市場取引する場合、互いに取引を有利にすすめようと駆け引きが起こるので、取引上の無駄、つまり取引コストが発生する。取引コストが小さい場合には市場取引は続けられるが、このコストがあまりにも大きい場合には、市場取引に代わって組織が発生してくことになる。」

コメントを残す