良い戦略とは

ルメルト『良い戦略、悪い戦略』

•良い戦略は驚きである。 •新たな強みを生み出すこと。 •ほかの組織はどこもそれを持っておらず、かつあたなかが持っているとは予想もしていないだけに、その価値は圧倒的だ。 •良い戦略は、重要な一つの結果をだすための的を絞った方針を示し、リソースを投入し、行動を組織する。 •歴史を振り返っても、このような戦略を持ち合わせている企業はそう多くない。 例 アップル

•強みを発見する。 •多くの良い戦略に備わっている第二の価値は、新たな強みを知り弱点に気づくところから生まれる。 •これまでとは違う視点から、あるいはまったく新しい角度から物事を見直すと、気づいていいなかった強みやチャンス、あるいは弱点や脅威を発見できることがよくある。 •例 ウォルマート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です