悪い戦略とは

ルメルト『良い戦略、悪い戦略』

•空疎である •戦略構造を語っているように見えるが内容がない。華美な言葉や難解な表現を使い、行動な戦略思考の産物であるかのような幻想を与える。

•重大な問題に取り組まない •見えないふりをするか、軽度あるいは一時的といった誤った定義をする。問題そのものの認識が誤っていたら、当然ながら適切な戦略を立てることはできないし、評価することもできない。

•目標と戦略を取り違えている。 •悪い戦略の多くは、困難な問題を乗り越える道筋を示さずに、単に願望や希望的観測を語っている。

•間違った戦略目標を掲げている •寄せ集めの目標、非現実的な目標 •戦略目標とは、戦略を実現する手段として設定されるべきものである。これが重大な問題とは無関係だったり、単純に実行不能だったりすれば、間違った目標と言わざるを得ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です