イノベーション 価値と革新

•イノベーションは、革新的なアイデアが具体的な製品や製法、サービスとなり、それらが社会に受容されてはじめて実現する。新しければイノベーション、変化すればイノベーションというわけではない。

•イノベーションは、経済活動の文脈において商業的な目的をもってじっこうされる特定の社会的活動である。(シュンペーター1934) 革新性はあくまでもイノベーションの必要条件に過ぎない。

•イノベーションとして成立するか否かは、あくまでも社会の判断にゆだねられる。どんなに優れた機能を実現する技術を開発したとしても、それが社会に受け入れられなければ、イノベーションとは認められない。その意味で、イノベーションとは、常に、事後的に判断されるものである。

•そこで生まれる価値のすべてをイノベーターが獲得するとは限らない。熾烈な市場競争に巻き込まれれば、想像された価値は消費者に還元され、イノベーターにはほとんど残らないこともありうる。

•イノベーションと認められるような革新は、多くの場合、多様な波及効果を通じて、社会に多大な影響をもたらすことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です