コンテナ輸送革命

マルク・レビンソン『コンテナ物語』

今日問題になるのは「資本や労働者をどれだけ集められるか」ではない。「イノベーションによって資本や労働者をどれほど効率的に使い、より多くのモノやサービスを生み出せるか」なのだ。

そして研究の結果、新技術それ自体はさほど経済的利益を生まないことが明らかになった。・・・「イノベーションは最終的にはそれが最も適した用途に応用されるが、初期段階ではうまく適応できないことが多い」。新技術の導入を阻むのは、新しいやり方に対する抵抗感である。

発明の経済効果を生み出すのは、発明そのものではない。それを実用化するイノベーションである。いやもっと厳密には、・・・が指摘するように、組織や制度の変革である。そうした変革によって、企業は新技術のメリットを生かせる組織に生まれ変わる。

コンテナ輸送が陸と海を通じてモノを移動させる全く新しいシステムに成長を遂げたとき、はじめて貿易や産業の在り方に影響を与えるようになったのである。コンテナの可能性、動かす方法を使い手の方が学ぶまで世界は変わらず、しかもそれにはずいぶん時間がかかった。

しかし一旦変わり始めると、変化のスピードは速かった。コンテナの採用が進むほど、コストは下がる。こうしてローコストのコンテナ輸送が世界中で当たり前になった。

物流史

玉木俊明『物流は世界史をどのように変えたのか』

インターネットの発展が、グローバリゼーションの大きな要因であると考える。それは間違いなく正しい。だがそれと同時に、物流がどのように発展してきたのかという側面に目をむけなければ、グローバリゼーションの重要な一面を見落とすことになってしまう。世界中の商品が自宅に届くということは、国際的な物流システムの発展があったということである。したがって、グローバリゼーションの研究とは、物流システムの発展の研究と言い換えることもできよう。けれども物流の歴史の研究はあまり進んでいない。

イノベーション 価値と革新

•イノベーションは、革新的なアイデアが具体的な製品や製法、サービスとなり、それらが社会に受容されてはじめて実現する。新しければイノベーション、変化すればイノベーションというわけではない。

•イノベーションは、経済活動の文脈において商業的な目的をもってじっこうされる特定の社会的活動である。(シュンペーター1934) 革新性はあくまでもイノベーションの必要条件に過ぎない。

•イノベーションとして成立するか否かは、あくまでも社会の判断にゆだねられる。どんなに優れた機能を実現する技術を開発したとしても、それが社会に受け入れられなければ、イノベーションとは認められない。その意味で、イノベーションとは、常に、事後的に判断されるものである。

•そこで生まれる価値のすべてをイノベーターが獲得するとは限らない。熾烈な市場競争に巻き込まれれば、想像された価値は消費者に還元され、イノベーターにはほとんど残らないこともありうる。

•イノベーションと認められるような革新は、多くの場合、多様な波及効果を通じて、社会に多大な影響をもたらすことになる。