a data base of global logistics industries - daily logistics news service

2008/06/09/(Mon)

WFP スーダン支援報告 [Humanitarian Logistics]

画像(180x119)・拡大画像(602x400)

スーダンでは南北紛争(一応終結、アラブ対アフリカ)とダルフール紛争の2つが同時進行しており、私はダルフール紛争により生まれた国内避難民および受け入れ村民への食糧支援を行なっています。

ダルフールには西、北、南の3つの州がありますが、WFPはそれぞれに統括事務所を置いています。私は西ダルフール州の州都ジニナにある統括事務所の管轄下にあるモルニ事務所というところで勤務しています。

現在ダルフールでは国連史上最大と呼ばれるオペレーションが行なわれていますが、WFPも大きなオペレーションを行なっています。モルニは人口5千人程度の村でしたが、現在の人口は7万3千人ほどで、土地も何も持たない国内避難民は、食糧支援に頼って生活しているのが現状です。モルニの周辺の小さな村、キャンプも担当しており、私の担当は役10万人、年間取り扱い食糧は一万トンです。

モルニは戦場の真ん中でもあり、いつも安全面には注意が必要です。車が取られたなんて話しは日常茶飯事で、先週もモルニ周辺の村へ食糧を届けていたトラックが戦火に巻き込まれ、荷物を降ろさず帰ってきました。国連ダルフールハイブリッドミッション(PKO、通称UNAMID)や国連難民高等弁務官事務所との連携のもと業務を行なっています。モルニの駐屯地にはガーナ、カメルーン、南アフリカ、フィリピンの軍隊、文民警察が派遣されています。

流通面では、ラブホール(テント式の倉庫)9棟を現場モルニに、100棟近くをジニナにおいています。トラックも全てWFPの自前のトラックで、修理工なども職員として常駐しています。

家、事務所はコンテナです。モルニ事務所は私の他にプログラム担当管、通信官、流通官、事務官が配属されていて、トラックの運転手さん、ランドクルーザーの運転手などなど50人程度の事務所です。
(WFP堀江正伸氏)



画像(180x119)・拡大画像(602x400)

Posted at 07:03

ページのトップへ ページのトップへ

広告

Twitter 

PHOTO

Panalpina expands own controlled air freight network with unique freighter service from San Juan to Europe

Panalpina expands own controlled air freight network with unique freighter service from San Juan to Europe

DHL expands ColdChain network services for life sciences and healthcare sector in Europe

DHL expands ColdChain network services for life sciences and healthcare sector in Europe

DHL provides green logistics for Denmark's EU presidency

DHL provides green logistics for Denmark's EU presidency

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright (C) E-Logi.net All rights reserved.