SECIモデル

•野中・竹内は組織における知識創造を「個人の信念が社会的な真実として正当化させるプロセス」として把握している。すなわち、個人が「暗黙に」保有する、新規のアイデアや因果メカニズムに対する仮説、つまり「信念」が、組織におけるやりとりを介して真実と認められるプロセスとして、知識創造を理解する。

•SECIモデルに描かれる組織の知識創造プロセスを駆動し、蘇秦する組織の能力、つまり組織のクリエイティビティとはなんであるのか。この点に関して野中は組織的知識創造活動を促進する要因として、①ビジョン、②駆動目標、③場、④対話、⑤実践、⑥知識資産、⑦環境が重要となることを提唱している。

コメントを残す